RISULTATI  FINALI  CAMPIONATO   MONDIALE  IFMA  2016  SVEZIA

126
ビュー

決勝日IFMAムエタイ世界選手権5月28日

75kgs Gold Belarus Vital Hurkou Silver THA Ekkaphan Somboonsab

75KGSゴールドベラルーシバイタルHurkouシルバーTHA Ekkaphan Somboonsab

IFMAムエタイの世界選手権での戦いの最終日は、確かに課金まで住んでいました, 高強度の戦いは終日行わ付き.

一つのリングは、競技場の中央に一人で立っていました, スポットライト付き、誰もがトーナメントの最高の戦闘機に集中できるようにします. 観客は午前11時前から収集しました, フラグをもたらします, 彼らのナショナルカラーで笛やバナー. リングの周りスタジアムの両側に沿ってストリーミング, 戦闘機が表示されるようになったとして、ノイズレベルが激化しました.

メダルは、別のスポット明るい場所で配られました, これらの男性と女性アスリートによって、ハードワークとsacrifceの月と年の最後の集大成. そして、彼らのコーチや家族、あまりにものコース, スポットライトの外に残っている人.

シニア女性の発作を開くと、45kgsで戦闘機アリーナLiashkevichとタイのSuphrisa Konlakベラルーシました. ベラルーシは激怒戦いで金メダルを取りました, 両方の女性が均等に格闘で特にマッチしたが、アリーナは、強力なボディ、キックやいくつかの迅速な手の組み合わせで前方より駆動します.

次はフィンランドからテッサカッコネン対48kgsカナダマギー・タッカーました, マギー以上開催されている間、彼女自身のテッサはポイントで勝者を研が.

51kgs女性の試合はベトナムからMorocccoからMireimエルMoubarik及びLyのブイ円の間でした。. 別の接戦Lyが脚キックが、Miriemの強力な右手に懸命に働きました, そして左ボディフックはあまりにも多くの損害を与えた、彼女はポイントで優勝しました.

まずタイのThiwakorn ChubthumitはカザフボクサーYelaman Sayassatovに取っていた男性のためのリングに. 両方とも、オープニングブローから格闘にハードに行きました, タイは最終的にポイントに金を取ると.

ロシアのRcikhimov KholmurodとタイのボクサーアルノンPhronkrthok間51kgs試合は不戦勝でタイに行ってきました.

ファイト8は、再びタイPranom・スンヨンNegeonはカザフスタンからIllyasマッセンに取ることで表現されました. 最初のラウンドは本当にアップさせることはありませんすべてのタイとPranom程度でした, 固体のポイントの勝利を取ります.

ホームの観客は本当にロシアのナタリアDiachkovaに対してリングにスウェーデンのソフィアオロフソンのための屋根を持ち上げました. これは、2アグレッシブと巧みなボクサーの間に素晴らしい戦いでした, ソフィアは本当に最初の鐘から家に彼女の速い手の組み合わせを駆動すると. ナタリアは格闘でより快適に見えました, しかし、スウェーデンは最終的にポイントで試合を取りました.

54kgs-w-SWE-Soifia-Olofsson-hands-raise-Natalia-Diachkova-Russia.jpg May 30, 2016

54KGS-W-SWE-Soifia-オロフソン-ハンズレイズ - ナタリア・Diachkova-Russia.jpg
5月 30, 2016

タイのWiwat Khamthaは、ウクライナのTrishyn Kostiantynに対する57kgsで次のアップでした. 本当にエキサイティングな試合, Wiwatは彼に来てパンチの迅速な弾幕とよく対応が遅い着実な戦いを戦いました. いくつかのきれいな肘ショットを着陸, 彼はポイントで試合を取り、タイのフラグでリングに祝わ.

スウェーデンはロシアのジュリアBerezikavaに対するパトリシアAxlingと女性の57kgsに再びステップアップ. 先に第二ラウンドの後に1点ずつ, 彼女は金メダルを取るために、その近くにエッジを維持しました.

60kgsで, ウクライナのVasylioglo Mykhalioは素晴らしい戦いでタイの戦闘機Ruthaiphan Sapmaneeにかかりました. Vasyliogloは第三ラウンドで頭に美しいクリーンTEEPキックを上陸させました, しかし、タイはincredile正確な仕事率のためのポイントに最終的に試合を取りました.

イスラエルは戦うウクライナのLryna Chernaveに服用している女性の60kgsためのリングにありました. Niliブロックは、いくつかのエキサイティングなヘッドキックを上陸させました, ウクライナは格闘に戻って懸命に戦ったとして、実際に彼女のパンチの組み合わせを働きました. イスラエルは金を取りました, そして、感動の瞬間に、対向するウクライナのコーチからの抱擁を受けました.

彼女のロシアの対戦相手スヴェトラーナVinnikovaは戦うことができなかったときにペルーのAntoniniaシェフチェンコ63.5kgsは驚きの不戦勝の勝利を持っていました.

試合 15 トルコからのBediha Tachyildizはパンチ肘の組み合わせからスウェーデンのための技術的なノックアウトで終わる本当にエキサイティングな戦いで67kgsで別のスウェーデンの女性戦闘機ベアタMaleckiに取って見ました.

次の戦いでは、ウクライナのイゴールLiubchenckoの63.5kgsは、ロシアからのウラジーミル・クズミンを戦いました, ウクライナはいくつかの巨大な左の手ととてもパワフルな脚キックの後に金を取ると. 彼はウラジミールが良い効果に強いTEEPキック作業で物事にすべての彼自身の方法を持っていませんでした.

タイとロシアは試合で再びオフに直面しました 17 Magomed Zaynkuvが速い戦いでYuttaphong Sittichotの戦いで. ロシアの少年は速い脚キックで焼成し、Yuttaphongダウンを取って出てきました, Yuttaphongからの強い左肘の突風を扱います. 先に2点によって、第2ラウンドの後, he survived some sweeping elblows against the ropes in the third to take the gold medal.

1kgs-Suppachai-MeunsangTHA-vs-Sean-Kearney-CAN

71kgs-Suppachai-MeunsangTHA-vs-Sean-Kearney-CAN

Next up was Thailand’s Suppachai Meunsang against Canada’s Sean Kearney in an eagerly awaited bout at 71kgs. The Canadian started slowly, working long knees to keep out of elbow range with Suppachai picking up the pace using head-kicks and a poweful teep-kick to the body. Sean drove in hard in the second but Suppachai defending and coming back hard. A close fight it went to Thailand on points difference.

試合 19 was another battle between Russia and Sweden in the women’s division 71kgs. Anna Strandberg flew the local colours taking on Anna Tarasava, both women throwing strong leg-kicks and driving home for the points. The gold went to Sweden in the end after a close fight.

Next up at 75kgs was Belarus boxer Vitaly Hurkou against Thailand’s Ekkaphan Somboonsab at 75kgs. This was an absolute war with both men driving in hard with elbows and body-kicks from the first bell. The ropes shook with the force of their clinches in the corner, with the Belarusan fighter striking hard with big right-hands. In spite of a furious effort from Thailand in the 3rd, Belarus took the gold.

The women’s 75kgs between Australia’s Anita Boom and Sweden’s Angela Mamic was a crowd favourite, with the women trading punches in the centre of the ring during the 2nd round. Sweden took a count in the 3rd, and Australia took the gold overall.

Fight 22 saw Russia’s Surik Magakian taking on Belarus’s Dzimitry Valent at 81kgs. The Russian boy concentrated on long knees followed with sweeping elbows with Belarus marching forward on strong right-hands, and leg-kicks. Dzimitry used some lovely clinch-and-throw technigues to get ahead on points, taking the gold.

Three more fights to go, and the stadium was rocking now with lights and music playing. Some chant-wars were breaking out between supporters along the way!

The 23rd bout was Anatoly Vanakov from Belarus against Petrosiau Armen from Russia at 86kgs. Again a toe-to-toe effort from these boxers, with right-hands going into against the helmets and into the body at a great rate. Belarus took it on points.

Fight 24 was a walkover victory for Ukraine’s Oleh Pryimachov when Belarus boy Dzianis Hancharanok did not fight at 91kgs.

The final fight of a long and exciting day was between UKraine’s Rogava Tstotne and Belarus’s Andrei Herasimchuk at 91+ And what a way to finish with both boys throwing huge punchs in the search for points, following up with swift leg-kicks. Gold went to Belarus.

Along the way, there were presentations and speeches from various people crucial to Muaythai and to Muaythai in Sweden in particular. The father of Swedish Muaythai Kirster Berginhal addressed the crowd, an inspiration to young boxers the man who founded the first Muaythai gym in Sweden in 1979 is incredibly still active in training. The memory of champion Martin Holm was also honoured; a tribute was given to him and his former trainer Po Lindvall delivered a touching speech.

Gifts were given to Thai dignataries and of course to the Mayor of host town Jonkoping.

Fights over, the boxers flooded the podium stand for photographs of their teams, and grabbed selfies with their favourite boxers.

Hard to believe it was all over. Even though today was all about medals and contests, the real winners are the people who grow in the spirit of Muaythai and friendship which was fostered right throughout the tournament.

FINAL WORLD CHAMPIONSHIP IFMA結果 2016 SWEDEN